さまざまな女性の抜け毛の原因

男性の薄毛や抜け毛の原因は、遺伝が関係していると言われていますが、女性に関してはさまざまな要因が考えられます。

 

たとえば加齢です。当たり前ですが歳を重ねると、多かれ少なかれ体の代謝の活動は下がっていきます。もちろん頭皮も例外ではなく、頭皮環境や毛母細胞が老化しいきます。

 

結果、髪を作り出す機能が低下して、薄毛や抜け毛、白髪の原因となります。
髪に良いとされる食べ物を摂取したり、適切なシャンプーや育毛サプリを取ることで、加齢による薄毛の進行を抑えることができます。

 

また女性の薄毛や抜け毛の原因として、ホルモンバランスの乱れも考えられます。

 

もともと女性は、ホルモンの分泌により、男性に比べて薄毛になりにくいものですが、女性ホルモン分泌が少なくなることで、抜け毛も増えていきます。女性ホルモンが減少してしまう理由は、加齢や生活習慣の悪化などがありますが、ストレスも大きく関係しています。

 

仕事や人間関係、恋愛問題でストレスを受けると、ホルモン分泌に影響を与えます。とくに女性ホルモン分泌をつかさどる脳は繊細ですから、ささいな変化でも敏感に感じ取って影響を与えることがあります。

 

女性はなるべくストレスを解消するような行動を意識すると、抜け毛の予防につながるのではないでしょうか。

 

さらに最近は仕事をする女性も増えてきています。男社会のなかで働くということは、気づかないうちに男性ホルモンが増えてきているキャリアウーマンも少なくありません。女性の男性化とも言われる昨今では、男性ホルモンの分泌により薄毛が進行することもあります。

 

そして女性の抜け毛の原因として、意外に多いのが不健全なダイエットです。モデルのように美しいスタイルになりたいとして、激しい食事制限をする女性も少なくありません。正しい食生活を送りながら運動するという健康的なダイエットなら問題ありませんが、食べないダイエットは抜け毛の原因になりますのでやめたほうがよいですね。髪への影響は後からきて、なかなか改善しない場合が多いので気をつけましょう。

 

女性の抜け毛が増える主な2つの理由

 

女性によっては、たまに抜け毛で悩んでいます。抜け毛で悩む男性は非常に多いですが、それは女性も同様なのです。

 

女性の抜け毛の原因は、主に2つ考えられます。まず1つ目ですが、水分量の減少です。

 

そもそも抜け毛の原因の1つは、頭皮の荒れになります。その部分が荒れてしまうと毛髪が抜けやすくなるのですが、その原因の1つが頭皮の水分量です。肌の潤いなどは、水分量に左右される傾向があります。保湿性が優れている肌などは潤っている傾向がありますが、それが悪化すれば肌に対する問題点が色々と発生しがちです。乾燥は、肌の状態を悪くしてしまいがちなのです。

 

そして抜け毛が多くなる原因の1つが、頭皮の乾燥になります。つまり頭皮部分の水分量が少なくなると、毛髪が抜けやすくなってしまう訳です。特に年齢が高めな女性の場合、その傾向が顕著です。年齢が高まると肌の保湿性も低くなる傾向があるので、毛髪が抜ける本数も多くなりがちです。

 

ですので女性が抜け毛防止を試みるとなると、保湿性を高める必要があります。普段用いているシャンプーなどを別のタイプに変更しますと、保湿性が高まる事もあるのです。女性の育毛用シャンプーなどは総じて保湿性を高める効果が期待できるので、それに変更してみるのも一法です。

 

その他の原因としては、ホルモンバランスの変化が挙げられます。特に出産後の女性に、その傾向が顕著です。

 

妊娠中の女性は、プロゲステロンが増加する傾向があります。ところが出産後は、その逆にエストロゲンという物質が多くなってくるのです。エストロゲンが増加してしまいますと、ホルモンのバランスが崩れてしまうケースが多々あります。それで抜け毛の本数が増加する事例も多いです。ただしそれは一過性のもので、年月が経過すると改善する事例も多く見られます。

 

また前述の年齢も、ホルモンバランスに関わってきます。年齢を重ねるとホルモンの状況も変化しがちなのですが、それで抜け毛が増加する事例も多々見られます。

 

このように女性の抜け毛が増える理由としては、水分量とホルモンバランスという2つが考えられる訳です。